鉄拳~愛のムチ~

稽古納め→入賞者撮影会→大掃除→忘年会のお知らせ


稽古納めまであと1週間 冬休みまでもあと1週間 年内すべての大会日程も終了し道場はリラックスムード 少年部は、審査会に向けて審査の練習 今日は基本と柔軟をしっかりやって、帯ごとに実戦型のベーズ部分の稽古を行なった 70名近くの道場生が稽古参加して、上級帯(黒帯・茶帯)は、下の帯の指導補佐に この辺の指導補佐は非常にしっかりとやってくれて頼もしい 初級・中級が終わり今度は上級帯が見本を見せる番だ 


普段から上級帯は、常に下の帯の憧れの存在で、「お前らの背中を(稽古に取り組む姿)みて育っていくんだよ」と常々教えています。 しかし最近はどうも基本稽古中でも、気合があまり無く、精彩を欠いているのが気になっていた・・・


そしていよいよ上級が見本を見せる・・・。見学している保護者からみたら、一生懸命にやっているように見えたと思うが、ずっと見てきている自分からみると明らかに「流している・・・」「本当に真剣にやっていない・・・」小学校高学年特有の目に見えない心の部分のダラダラ感


「やめ~い


と実戦型を中断 


金光初段のもとに近寄って「バッチ~ん」 


中西初段「ボっこ~ん」ふっとんでひっくりかえる 


八代可南子初段「バッチ~ん」泣き出す・・。


中村初段「ボっこ~ん


英初段「ばち~~~ん


先輩の方を見ているやく60名の道場生と、保護者はシ~ン・・・・道場内な凍りついた。物音ひとつしない


その後、黒帯とはどういう存在かということを話して、気合を入れた その後はキビキビ感を取り返し、一般部相手の組手ですばらしい動きに そうそうキミ達はやれば出来ると再認識


最後に道場生にもう一度「技術的に出来なかったりしても絶対に怒らない でも出来るのにやらなかったら思いっきり怒るよと約束して稽古終了


そのあとは、もう一度支部長室によんで談笑ジュースで乾杯 黒帯達は小さい頃から知ってるし、苦労して昇段したのも知っている やっぱりカワイイ 中学校へいっても道場を離れずに、これるときだけでいいので、空手を続けて欲しいと心から思っています


その後一般部の稽古も白熱 戸田君はこころの小旅行から無事生還(笑)田中君も顔出してくれて来週の稽古納めに向けていい感じです


12

PAGE TOP