チャレンジキッズカップ~1st~・・。

「Challennge Kids Cup~1st~」無事終了いたしました。


先週末の全日本ジュニアでも結構色々仕事があったんでバタバタしていたのもつかの間・・・・今週に突入


金曜日)深夜まで、幼稚園事務所で大会準備や、保育参観準備をしていました・・


土曜日)朝から幼稚園の保育参観。


今年最後の保育参観となる「ゆり組(年長児)」も和気あいあいとした参観でした


1


 


 


 


 


今週は寝不足でかなり辛かったんですが・・・


 ガンバって中和本部の指導へ 。


2


3


 


 


 


 


選手クラスからの到着でしたが、みんなのガンバってる姿を見てやる気が出てきて指導参加 。


 結局0時前まで道場でバタバタ・・・


 


日曜日)大会当日、


「チャレンジキッズカップ~1st~」は盛況に終了


今大会は「アットホームさ」を重視しました。


1)あえて試合直前まで・・保護者のもとで待機「呼び出しで入場」


→ 親子で作戦を考えてる姿や激励している姿があちこちで・・ いい光景でした。通常なら隔離しされた状態で選手の緊張度は極限・・。リラックスした雰囲気で試合に挑めてました


2)開会式、閉会式を無くし学年によって集合時間をわけました。


→無駄な待ち時間を撤廃し、保護者や選手に無駄な疲労感を感じさせないように・・・


3)各学年トーナメントが終了したら帰ってもよい。


→集合してから1時間位で帰れるので楽チンだったそうです・・。通常は丸一日覚悟ですからねえ・・・


などの工夫をこらしたので非常に運営側、参加者側にとってもスムーズな大会だったんではないでしょうか??


 皆さん大変お疲れ様でした。今大会は「奈良県ジュニア空手道選手権大会」の下位に位置づけ「奈良県ジュニア空手道大会」の上位4名入賞者が出場できないシステムで、


→ 奈良県ジュニア大会ベスト8圏内の選手が優勝を争い、


→ 普段入賞あと一歩の選手が入賞を目指せる大会です。


大会名どおり「初めて試合に出場にチャレンジする選手」「初めて大会入賞にチャレンジする選手」を育成する大会です。


試合は熱戦がつづき、普段上位入賞できない選手が入賞に保護者も、選手も笑顔やら涙顔が入り混じっていい大会でした


そして少年部有段者&上級帯、そして保護者有志の皆さんが進んで運営手伝い&清掃等にご協力頂き本当に感謝しています。。


今年の少年部夏合宿(8月25日~26日)も頼みますねえ。。夜の宴会はこちらで準備します


以下は各学年大会結果です。(写真は後日掲載予定)


月曜日)週明けて・・・恐々仕事用のメール開いてみたら4


 


 


 


 


未読メール「1616件」最高新記録大幅更新です


果てしなく仕事は続く・・・・みたい


ー「幼年の部」ー


優勝: 福井 伶菜


準優勝: 宮本 拓海


第3位: 巽 唯菜/更谷 隼人


敢闘賞: 宮村 心希/西村 萌/窪田 健


ー「小学1年生の部」ー


優勝: 青木 琴音


準優勝: 新矢 稜河


第3位: 奥村 響/清水 右揮


敢闘賞: 藤原 由守/和田 梨奈/竹中 亮太/木下 竣介


ー「小学2年生の部」ー


優勝: 箕井 七希


準優勝: 増田 直樹


第3位: 更谷 海人/南渕 拓人


敢闘賞: 栗本 恵多/中前 兼吾/岩上 佳奈/青柿 雄大


ー「小学3年生の部」ー


優勝: 木之本 航希


準優勝: 西浦 楓


第3位: 森 平/清原 健正


敢闘賞: 巽 宥菜/中原 優哉/中田 宏輝/宮崎 竜乃介/辻井 誠也


ー「小学4年生の部」ー


優勝: 三村 太寿


準優勝: 上田 幸汰


第3位: 和田 葉月/城越 拓美


敢闘賞: 中西 麻実/青柿 知真/塩田 海斗/井之上 崚


ー「小学5年生の部」ー


優勝: 堀本 活輝


準優勝: 粟木原 巧


第3位: 和田 大喜/中田 一誠


敢闘賞: 福田 将大/山本 魁/辻 二郎/尾白 龍矢


ー「小学6年生の部」ー


優勝: 久積 大弥


準優勝: 山本 樹


第3位: 井之上 樹/蓑田 勝


敢闘賞: 中山 伶旺/安本 健人


 

無料体験|3万円がお得な入会

lesson

Dojo

Price

昇級システム

スポーツクラブからの出稽古

試合出場について

練習道具について

ON-LINE SHOP