あかね初段のイラン日記7

支部長、日本のみなさん!いつもあかねのことを気にかけてくださってありがとうございます。
1 いよいよテヘランも本格的に暑くなってきました。
 イランのネット事情は「やや難あり」といったところですが、家族で時間を見つけて掲示板や支部長のブログも拝見させていただいております。「あかねのイラン日記」も大変ありがたく思っています。
 赴任当初は日本とは違う衣食住すべてのことに驚きと戸惑いの連続でしたが、早いもので日本を発ってもうすぐ2ヶ月。家族3人こちらの生活にもずいぶん慣れ、充実した毎日を元気に過ごしています。正直言ってあかねの順応力の高さにはびっくりしています。ペルシャ語と英語の習得にも意欲的で、ペルシャ絨毯織りにも興味があるようです。親の心配をよそにコート&スカーフを身に着け、毎日のようにひとり美味しいお菓子を探しに自宅マンション近くのお店に通い続けています。今ではそのお店の常連さんになってしまいました。
 あかねが通う「テヘラン日本人学校」は日本全国から集まった児童生徒数、小・中学生合わせても36人の小さな学校です。ですから、学年、男女関係なくみんな仲良しです。あかねは低学年の面倒をよく見ているようで(空手の初級クラスでの指導の経験が役に立ったのでしょうか??)塀に囲まれた小さな校庭をところ狭しと駆け回っています。(本当に狭いのです・・・)この国では女の子がスポーツをする環境が少なく、治安上、通学はタクシーでドアtoドアですから、運動不足が心配です。
 あかねが空手のハードな稽古から解放されて嬉しかったのはほんの少しの間だけ。決して苦しいだけではなかった4年間を空手ができなくなった今になってしみじみ実感しているようです。あかねは先生方、先輩方、同輩、後輩のこともよく話題にています。岡本風夏ちゃんとも頻繁にメールのやりとりをしています。
 みなさんが最も気にかけてくださっている、テヘランの治安も想像していたほど悪くはありませんでした。学校や自宅マンションのある地区は今までのところ平和そのものです。ご安心下さい。
 遠く離れた中東の国より、これからもみなさんのご活躍楽しみにしております。      


  増田


 

コメント

  • コメント (1)

  • トラックバックは利用できません。

    • 辻 芽久美
    • 2006年 6月 03日

    はじめまして。私はあかねちゃんがイランに旅立つ前後に正道会館に入門しました。残念ながら会いしたことはありませんが、ブログを拝見しています。私も今、ロサンゼルスにいて毎日新しい発見の連続です。日本を離れてみて両国の良さや悪さもわかりました。私もそうですが、必ずいい財産になると思っています。お互いにGLOBALな感覚を楽しみましょうね!HAVE A GOOD TIME!!

Follow on Instagram
PAGE TOP